1. トップページ
  2. 事業案内
  3. 生活を支える
  4. 福祉的就労体験事業

生活を支える

福祉的就労体験事業

社会から孤立する被保護者に対する様々な社会経験の機会の提供などを通じ、被保護者の社会的自立を支援する取組です。

事業目的 生活保護受給者で、様々な事情から一般的な就労が困難であったり、求職活動が長期化するなどして地域の中で孤立し、就労意欲が低下している者に対し、ボランティア活動の場を提供することにより社会的な居場所づくりと就労意欲の向上を図る。
事業概要 ボランティアを受け入れる福祉施設等を確保し、報酬を伴わないボランティア体験事業を提供する。

対象者

求職活動が長期化して就労意欲が低下している者
 ・不就労期間が長期化に及び、社会復帰に消極的になっている者
 ・引きこもりやニートで社会生活を営む上で自己管理を含めた訓練が必要な者
 ・その他、担当CV、SV及び就労支援員が参加が適当と認める者

事業内容(社会的居場所づくり)

就労体験、福祉的就労、ボランティア体験、社会参加などの交流の場を提供する。

事業担当(問い合わせ先)

須賀川市健康福祉部社会福祉課保護係
須賀川市牛袋町5番地(須賀川アリーナ内)
TEL:0248-88-8113

須賀川市社会福祉協議会
須賀川市牛袋町5番地(須賀川アリーナ内)
TEL:0248-88-8211

ページの先頭へ