1. トップページ
  2. 事業案内
  3. 生活を支える
  4. 生活支援相談員配置事業

生活を支える

生活支援相談員配置事業

東日本大震災による被災者の生活復興支援のため、応急仮設住宅等における見守り、相談、福祉制度等の情報提供、被災者を中心とした交流の場づくり等に取り組みます。

事業目的 東日本大震災による被災者の生活復興支援のため、応急仮設住宅等における見守り、相談、福祉制度等の情報の提供、被災者を中心とした交流の場づくり等に取り組む。
事業概要 被災者への生活福祉資金等の各種福祉・生活関連サービスの利用援助
被災者の福祉的見守り・支援ネットワークづくり
被災者への各種在宅福祉サービス(ふれあいサロン、お茶会等)の実施
集会場を利用した仮設住宅の住民支援(引きこもり防止、声かけ等)
被災地域の福祉コミュニティづくり
被災者の自宅及び仮設住宅等に出向いての相談、情報提供等
被災者への各種イベント企画・実施
災害ボランティアセンターの活動 など

相談員の配置

須賀川市には4名の生活支援相談員が配置されています。

相談員の業務内容

生活支援相談員は、応急仮設住宅、民間借上げ住宅、公営住宅等を巡回訪問することにより被災住民の生活上のニーズの確認を行い必要な福祉サービスにつなぐとともに、近隣住民、民生児童委員、ボランティアやNPO等と協力しながら生活支援に取り組みます。

主な業務、