1. トップページ
  2. 社協について
  3. 社協とは

社協について

社会福祉協議会とは?

社会福祉協議会(社協)とは、地域社会において民間の自主的な福祉活動の中核となり、住民の参加する福祉活動を推進し、 保健福祉上の諸問題を地域社会の計画的・協働的努力によって解決しようとする公共性・公益性の高い民間非営利団体で、 住民が安心して暮らせる福祉コミュニティづくりと地域福祉の推進を使命とする組織です。

社協の組織(構成員)は?

社協は、地域で暮らす住民の皆さん、社会福祉や保健、医療、教育等の関連分野の関係者、さらに、地域社会の様々な機関・団体によって 構成されています。
そして、住民一人ひとりのニーズに答える社協活動、及び住民活動への参加を実現するために、社協は住民会員制度をとっています。

構成員(会員)の法的根拠は?

構成員の法的な根拠として、社会福祉法では、それぞれの区域内の社会福祉事業及び更生保護事業を経営する者(各社会福祉施設をさす)の 過半数が参加することと規定しています。

住民組織を社協構成組織の主体とする点について、社会福祉法の上では民間の住民組織を法的に拘束することは困難なことから特に規定されて いませんが、全国の社会福祉協議会の合意として平成4年に策定された「新・社会福祉協議会基本要項」において会員(構成員)を明確に示しています。
※社会福祉協議会は、おおむね次のような、住民組織、公私の社会福祉事業関係者及び関連分野の関係者をもって構成員としています。

社会福祉協議会の財源は?

社協の財源は、住民会費・特別会費・賛助会費・共同募金配分金・寄付金等の民間財源、市補助金・県補助金、及び市委託金で 構成されていますが、社協の財源確保の基本的な姿勢は、民間財源を基盤として公費の導入を図っています。

ページの先頭へ